バナナと月のこと


by banamoon

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いけるで。

a0156820_1361031.jpg





















ええ、朝や。




今年は嘘みたいに

オープン戦から

よう打ちよる。わ




あとは、

防御率が2点台になるようなら

いけるで。




昨日は

TV観戦しただけで

筋肉痛。や。。




けど、

気持ちええ、痛み。や。




尼の商店街で

マジック143になっとた。な。





















あかん。。




















優勝




















してまう。。


















ニヤニヤ。。
[PR]
by banamoon | 2013-03-30 13:26

おかん役の人。

a0156820_1261363.jpg




























坂口良子さんが亡くなられたんですね。。




まぁ、この方は

坂口良子さんでもなく、

異国の女性でもなく、

ウチのおかんなんですが。。




このおかんが

30年程前に出した本が

TV朝日のドラマになって、

おかん役をしていたのが

坂口良子さんだったので、





たまたま点けたTVで

お見かけするようなときには、

" おかん役の人や "

と、勝手に親近感をもってました。





まだ若いですよねぇ。。

そして、最近再婚されていたとか。。

まだまだ人生を謳歌されたかかっただろうと

若輩者のわたくしでも十二分にお察し致します。。






ちょうどいま、

家族展という企画をしており、

個人的にすこし思うところのある

思いがけない訃報でした。。
















ご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌。
[PR]
by banamoon | 2013-03-29 23:54

難儀な春。

a0156820_1005235.jpg





















春の嵐で、松が折れました。。




もうすこし角度が違ってたら、

建物に激突でした。わ。。怖。。




安曇野も随分暖かくなり

春の嵐も一段落し、

早よ

本格的なグリーンシーズンが

待ちどうしい。す。




今日は朝から暖かく

程よい風が気持ちいいので

窓を全開にしていると、




お客さんが

くしゅん。くしゅん。と

花粉に困っているようで、




春はうららかな筈やのに話がちゃうやん。

と思うほどの、



















難儀な春です。。
[PR]
by banamoon | 2013-03-28 17:00

3.11

a0156820_18145921.jpg




























震災から丸二年ですか。。



この数日、

TVなどで震災の特集などを観ておりますが、

やはり

言葉に詰まるような思いになります。。



ヒトの親になって

世の中のさまざまな出来事を

自分の身に置き換えて考えることが増えましたが、

本当に傷ましくやり切れない日ですね。。



お亡くなりになられた方々へのご冥福を祈るとともに、

今も尚、

困難に立ち向かわれているみなさまには、

寄付などを通じて

今後も微力ながら貢献できるよう努めたいと思います。































東の空に 幸多き 在れ。
[PR]
by banamoon | 2013-03-11 18:35

次回企画展のお知らせ

a0156820_1634492.jpg

















|この企画をはじめるに至った経緯についての文章|

昨年十二月、東日本大震災の復興支援活動をされている、
ある音楽家のお話をラジオで聴きました。

ちょうどクリスマス前ということもあり、
まだ仮設暮らしを続けているお宅へ訪問して
クリスマスプレゼントなどを届けるなどの活動をされていたそうです。

そのなかの一軒のお宅へお邪魔したときに、
まだ、ものの分別がつくかつかないか微妙な年頃のお子さんに
「もし、サンタさんがクリスマスプレゼントをくれるとしたら何が欲しい?」
と、聞いてみたそうです。

するとその子は、「もう一度お母さんとお話がしたい」と答えたそうです。

おそらく震災でお母さんを亡くされ、その事実は受け止めているようでしたが、
サンタさんは、きっと、願いを叶えてくれる筈と思っていたようです。

そのお話を聞き、なんだかとても切ない気持ちになりました....

" カタチ在るものは いずれそのカタチは姿を変え いつの日か、そのカタチに終わりを告げる。"

終わり在ることに対峙する日もあれば、終わりなき世界を切望し、
歓びと悲しみを繰り返しながら、こたえのないものに蓋をするかの如く、
無意識のままに生命をつむいで今が在る。

時折、アタマのなかをこのような思いが、いったりきたりすることはあるのですが、
震災以降、この繰り返しは頻度を増し、
このラジオのお話を聴くにあたり、なにかカタチにしておきたい心境に至りました。

二〇年程前に大阪から安曇野へ移ってきた私たち家族は、
この土地を離れたもの・調子のいいものわるいもの・新しい家族をつくったもの・といった具合に、
それぞれに変化はあるものの、誰ひとり欠けることなくカタチを保っている今、
このカタチをひとつの記録としてとどめておこうと家族の展示をすることにしました。

とてもプライベートな企画展ですが、なにか想いが重なるようでしたら、
こそっと、覗きにきていただけたらうれしく思います。banana moon 館主

........................................................................................................................................

家 族 の カ タ チ展

会期:2013年3月14日(木) → 4月23日(火)

大阪から安曇野へ移り住んで20年程。
当時四歳だった一番下の三男も成人し数年経った現在のわたしたち家族は、
今のカタチを保とうとするもの・新たなカタチを見つけようと模索するもの・
派生した家族とのカタチをつくるものそれぞれがそれぞれのカタチを成して今に至ります。
家族をテーマにして新たな作品づくりを試みた展示ではなく、
それぞれが普段携わっている活動の一端をご覧頂き、それらに文章を添えた企画展です。
興味を持たれた方がおられましたら、ぜひお出かけください。

成瀬政博[週刊新潮表紙絵画家]・成瀬憲子[アーティスト]・成瀬 唯[ banana moon館主]
成瀬洋美[ banana moon staff ]・成瀬一太[小学一年]・成瀬にこ[一歳]・成瀬麻紀子[絵描き]
早川卓馬[ bokura代表・フリーライター]・早川文子(旧姓成瀬)[ atelier naruseデザイナー]
早川隼央[二歳]・成瀬 慧[ グラフィックデザイナー]・成瀬万紀[ホテルマン]・成瀬 花[四歳]
成瀬 遼[画家]

1F『週刊新潮』表紙絵原画展vol.34 / 2F 家族のカタチ展
[PR]
by banamoon | 2013-03-08 16:40